ペンギンめも

ペンギンのことは書きません。

【ダブル】オーガレック

f:id:catalina_penguin:20160503164250j:plain

 

先発マニューラ@命の珠・レックウザ@拘り鉢巻き、後発カイオーガ藍色の玉・ナットレイ@食べ残し、という選出の汎用性がとても高いことが分かりそこからスタート。

ドーブル入りのグラゼルネに勝てないため先発ボルトロスゲンガー裏オーガレックである程度の解答を用意。

完成。

実践でもbig6系にはボルトロスゲンガーから、それ以外の全てにはマニュレックから入りました。機械的に選出できた上、想定した構築の多くには勝てたのでそこは良かったのですが、パルキアギラティナ・ルギアといった予想外の相手とマッチングしたときに数値の低さが災いして対応し切れなかったことが全体を通しての敗因でした。

jcsの戦績は31-9の1770ぐらい、精進します。

 

【ダブル】グラゼルネをぶち殺す意思

f:id:catalina_penguin:20150215140346p:plainf:id:catalina_penguin:20150215140405p:plainf:id:catalina_penguin:20141018144051p:plainf:id:catalina_penguin:20160203064739p:plainf:id:catalina_penguin:20141019104714p:plainf:id:catalina_penguin:20141019100408p:plain

どうも。↑これとのバトルが択の連続すぎて頭髪の五割を失ったので、完璧とはいかなくとも精度の高い解答を出そうと思いました。そこで組んだ並びが次の4匹。


f:id:catalina_penguin:20141019110332p:plainゲンガー@ゲンガナイト 臆病CSベース
ヘドロ爆弾 目覚めるパワー氷 身代わり 守る

f:id:catalina_penguin:20160203065632p:plainクロバット@ラムの実 臆病HSベース
怒りの前歯 挑発 追い風 ファストガード

f:id:catalina_penguin:20160203065757p:plainカイオーガ藍色の玉 控えめHBベース
潮吹き 根源の波動 冷凍ビーム 守る

f:id:catalina_penguin:20160204052800p:plainレックウザ@拘り鉢巻 陽気AS
ガリョウテンセイ 神速 滝登り 岩雪崩

 

グラゼルネの強さの一因は異常な選択肢の多さなので、ゲンガーでの対面固定とクロバットによる妨害でグラゼルネ側の行動を徹底的に制限することを考えました。そうして相手の行動範囲を狭めつつ、怒りの前歯+αやグラードンに強いオーガレックでの制圧を狙っていきます。

ゲンガーは珠アローのブレバを耐える程度の耐久を確保して、前歯のためにSをクロバットより下に設定する配分が良いでしょう。カイオーガは、グラゼルネのグラは最速が多そうなことや、カイオーガが居座る相手の多くが物理打点を持っていること、Cに回しても確定数にあまり影響がないことからHBに大きく割いた配分がベターだと判断しました。

以下、先発をf:id:catalina_penguin:20141019110332p:plainゲンガーとf:id:catalina_penguin:20160203065632p:plainクロバットに固定して予想される相手の先発への対応を考えます。なお全ての1ターン目の行動でゲンガーはメガシンカします。

 

vs.f:id:catalina_penguin:20150215140405p:plainf:id:catalina_penguin:20141019104714p:plain

有利対面。この選出が来たらガッツポーズ。行動についてはいくつか考えられますが、メンハドーブルゼルネアスグラードン引きを考慮すると、★1ターン目ゲンガー身代わり、クロバット挑発→ドーブルが良さそうです。

 

vs.f:id:catalina_penguin:20150215140405p:plainf:id:catalina_penguin:20141018144051p:plain

有利対面。★1ターン目ゲンガー身代わり、クロバット挑発→ゼルネアスを選択し、相手の展開を止めつつアドを取りに行きます。身代わりが残った状態のゲンガーはガルーラの不意打ちの前で一回動けるので、無事身代わりが残ればそれを活かして殴りにいきたいところ。

 

vs.f:id:catalina_penguin:20150215140405p:plainf:id:catalina_penguin:20160203064739p:plain

有利対面。ゼルネアスはジオコンさえ打たれなければそれでよく、ボーマンダは縛っているため★1ターン目ゲンガーめざ氷→ボーマンダクロバット挑発→ゼルネアスで即決です。後は煮るなり焼くなり。

 

vs.f:id:catalina_penguin:20160203064739p:plainf:id:catalina_penguin:20141019100408p:plain

まあまあ有利対面。十中八九2匹とも居座ってくるため、★1ターン目ゲンガーめざ氷→ボーマンダクロバット追い風を選択。ボーマンダに守られた場合は★2ターン目ゲンガーめざ氷→ボーマンダボーマンダの処理を確実に遂行します。横取りや鉢巻きを持ったファイアローが怖いですが、対グラゼルネでは現状レアケース。

 

vs.f:id:catalina_penguin:20141018144051p:plainf:id:catalina_penguin:20141019104714p:plain 

ちょっと有利対面。★1ターン目ゲンガー身代わり、クロバット挑発→ドーブルを選びがちですが、ドーブルニドガから捨て身でクロバットを処理されるルートが微妙です。他のパターンを考えてもじゃんけん気味。

 

vs.f:id:catalina_penguin:20141018144051p:plainf:id:catalina_penguin:20141019100408p:plain

普通。★1ターン目ゲンガーヘド爆→ガルーラクロバット前歯→ガルーラでチャレンジ通すか、★1ターン目ゲンガー守る、クロバット追い風でぐだぐだやるかのどちらかが本線でしょう。正直これが一番厄介な先発だと思います。

 

vs.f:id:catalina_penguin:20150215140346p:plainf:id:catalina_penguin:20141018144051p:plain

まあまあ有利対面。相手にS操作が無いため、★1ターン目ゲンガー守る、クロバット追い風を選択し、クロバットを切ってオーガを展開しにいきます。ここでクロバットが切れなかった場合は★2ターン目ゲンガー身代わり、クロバット怒りの前歯→ガルーラを選び再度カイオーガの死に出しを狙います。ガルーラに不意打ち以外のゲンガーへの打点があると怪しいです。

 

vs.f:id:catalina_penguin:20150215140346p:plainf:id:catalina_penguin:20160203064739p:plain

まあまあ有利対面。★1ターン目ゲンガー守る、クロバット挑発→ボーマンダでマンダの追い風と守るを封じます。クロバットが切れればレックウザ死に出し★2ターン目ゲンガーめざ氷→ボーマンダレックウザ滝登り→グラードンで両縛りコース。切れなければ★2ターン目ゲンガーめざ氷→ボーマンダクロバット追い風でボーマンダの処理とオーガ展開の準備を行います。


ガルーラが少し怪しいですが対応できる手順も存在し、また経験上ガルーラよりボーマンダの選出が優先される(オーガレックメタを理由に採用しているため?)ので概ね大丈夫でしょう。ゼルネアスを裏に置かれるパターンに関しては、ゲンガーを保護しつつ対面のポケモンを処理し、裏のゼルネアスを引きずり出す立ち回りが丸いと思われます(それが厳しい展開ではオーガレックでゼルネをゴリ押すことも視野に入ります)。

実際にこの4匹@2をshowdownで回したところ、グラゼルネをカモりながらアカウント二つを1800に乗せられてそれなりの手応えを感じました。想定した先発はそこで選出されたものを参考にしています。この記事では上記の六匹のみを考えましたが、その他のグラゼルネに対しても有利に試合を進めることがほとんどでした。

ここまでご覧頂きありがとうございました。この記事がグラゼルネ駆逐の一助となれば幸いです。

 

【雑記】GS

どうも。お久しぶりです。wcsのルールが決まったみたいなのでそれについて少し書きたいと思います。

GSと普段のダブルバトルとで決定的に異なるのは、何と言っても大技が飛び交うことでしょう。ゼルネアスのジオコンシャイン然り、グラードンの噴火や断崖然り、カイオーガの潮吹き然り、それ一つで試合を決めてしまいそうな技が簡単に使えます。

僕は、そんなGSルールで構築を組むときに大事なことは「いかにして相手の大技を妨害し、いかにしてこちらの大技を通すか 」だと考えています。大技を通せば勝ちが見え、通されれば負けが見えるので、とにかく一方的な展開が作りたいのです。

まず「いかにして相手の大技を妨害するか」です。普段のバトルではタイプ相性で相手の攻撃を受けて妨害することがそれなりにありますが、半減でも平気で押してくるポケモンがたくさんいるためあまり適切とは言えません。

そこで、相対的にタイプ相性によらない妨害手段が重要になってきます。具体的には、猫だましや挑発、天候を奪う手段(控えにグラカイレックを置くことや影踏み、スキスワ等)、守るなどが挙げられるでしょう。猫だましは普段よりも特に価値の高い技で 、補助技でも攻撃技でもとりあえず1ターン遅らせられるのは受けがきかないルールでは魅力的です。

次に「いかにしてこちらの大技を通すか」ですが、S操作や大技を打つまでの工程の短縮等があります。

S操作は言うまでもないとして、大技までのプロセスの短縮は結構大事だと思っています。例えばトリルをしてから重力をしてグラードンで断崖の剣をするパーティーがありますが、この戦術は断崖を打つまでに最低でも2回の行動が必要になり、それだけ相手に妨害や攻撃の隙を与えてしまうため弱いと思っています。その点、ゼルネアスはジオコン1回で速さと火力の両方を手にでき、また特殊グラードンカイオーガは場に出すだけで天候補正の乗った噴火や潮吹きが打てるので優秀と言えるでしょう。

またそういう意味では、相手を妨害することは防御だけでなく大技を通すための手段にもなります。先程猫だましの価値が高いと書いた理由でもあるのですが、相手の補助技を妨害したり大技を止めることは、当然優位性の維持や縛りの解除に繋がります。攻撃1回の重みが段違いなこのゲームでは、そうして生まれる余裕は貴重です。

まとめると、一方的に大技を押し付ける展開を多くの試合で生み出せる構築を目指すべきじゃないか、ということです。無難と言えば無難な方針ですが、自分でGSをやるときにはこんな感じで組みたいですね。おわり。

 

【ダブル】ボルトスイクン+エース

どうも。今回はシーズン10、ダブルレートにて使用した構築の紹介です。

f:id:catalina_penguin:20141023194249p:plainf:id:catalina_penguin:20150114193845p:plainf:id:catalina_penguin:20141018144539p:plainf:id:catalina_penguin:20141018144607p:plainf:id:catalina_penguin:20141018144909p:plainf:id:catalina_penguin:20141018144747p:plain

B方面に強い追い風スイクンとD方面に厚い電磁波ボルトロスの二枚のS操作を相手や状況に応じて使い分けようと思ったところから構築をスタート。猫だましでS操作を補助しつつ自身がアタッカーにもなれるガルーラをメガ枠とし、トリプルで使い慣れた眼鏡ニンフィアと珠ヒードランをエースとして採用。最後に威嚇持ち、素で速い、地面・電気無効の要素を満たしたスカーフランドロスを入れて完成しました。

 

f:id:catalina_penguin:20141019101909p:plain化身ボルトロス@オボンの実
10万ボルト  電磁波  挑発  守る
穏やか 185(244)-×-95(36)-146(4)-137(196)- 135(28)
補正有り252ファイアローの鉢巻きフレアドライブ耐え
補正有り252霊獣ランドロスのダブルダメージ岩雪崩オボン込みほぼ二耐え
補正有り252サザンドラの眼鏡流星群耐え
補正有り252ニンフィアのダブルダメージ眼鏡ハイパーボイスオボン込み二耐え
最速70族+1

スイクン(とランドロス)を採用しているためボルトロスは特殊方面に大きく努力値を割き、技構成も最も本来の役割を果たしやすいものにしました。

 

f:id:catalina_penguin:20150114194157p:plainスイクン@ゴツゴツメット
熱湯  冷凍ビーム  追い風  守る
控えめ 206(244)-×-135-137(116)-135-124(148)
冷凍ビームでH4メガボーマンダ確定一発
補正無し252化身ボルトロスの珠10万ボルト耐え
最速60族+1、準速70族+2

スイクンはH振りだけでも大抵の攻撃は1~2発耐えるため、追い風後に腐らないよう火力の高い配分で使用。守るは横のポケモンを切ってガルーラ死に出しからの再展開等を狙って採用しましたが、元から集中されやすいこともあって活躍しました。

 

f:id:catalina_penguin:20141018144051p:plainガルーラ@ガルーラナイト
捨て身タックル  けたぐり  猫だまし  守る
陽気 181(4)-167(172)-130(76)-×-121(4)-167(252)
補正有り252霊獣ランドロスの馬鹿力耐え
補正無し252メガガルーラのけたぐり最高乱数二連以外耐え

サーナイトランドロスのような並びや初手のガルーラミラーである程度強気に動かせる配分。火力不足を感じる場面はほとんどありませんでした。

 

f:id:catalina_penguin:20141018144119p:plainニンフィア@拘り眼鏡
ハイパーボイス  ムーンフォース  めざめるパワー地面  破壊光線
控えめ 191(164)-×-108(180)-148(40)-150-96(124)
 (VVVUUV個体)
配分はこちら(スタンダード サンダー+ギルガルド - パメラのパラメ(配分)とか書くとこ)から拝借しました。パメラさんありがとうございます。

眼鏡を持つことや横のポケモンと合わせて殴ることからCに振らなくても火力は十分だと考え、それよりも様々な場面で動かすための耐久とSを重視しました。

 

f:id:catalina_penguin:20141018144252p:plainヒードラン@命の珠
熱風  火炎放射  大地の力  守る
控えめ 167(4)-×-126-200(252)-126-129(252)
珠火炎放射でH252ギルガルド乱数一発(56.25%)

動いた時の強さを求めてC特化し、必要なSを確保した余りを耐久に振ってもあまり変化が無かったので全てSに回しました。火炎放射は命中安定・単体攻撃の炎技として非常に便利です。

 

f:id:catalina_penguin:20141018144141p:plain霊獣ランドロス@拘りスカーフ
地震  岩雪崩  馬鹿力  とんぼ返り
意地っ張り 167(20)-203(156)-122(92)-×-101(4)-141(236)
馬鹿力でH4テラキオン確定一発
馬鹿力でH4サザンドラ確定一発
ダブルダメージ地震でH4キリキザン確定一発
補正有り252キリキザンの+1珠不意打ち耐え
補正有り252サザンドラの流星群耐え
最速ドーブル+2

キリキザン入りのエルテラリザ等に初手ボルトランドから展開していくため耐久に少し回したものを採用。実際にこの調整が活きる場面は思ったほどありませんでしたが、キリキザン入りへの選出しやすさが大きく変わるため正解だったと思います。


全体的に火力が高めにまとまっており、それらを動かすための数値や手段も揃っているので勝ち筋の見えやすい構築でした。遂行技の多くに強力な追加効果があるためしばしばズルが出来るのも良かったです。またこの手の構築の宿命としてミラーが多発しますが、その点はある程度スイクンでケア出来ていたように思います。

重かったポケモンにはゲンガー、メガゲンガートリトドンローブシンギルガルドキノガッサ、瞑想クレセリア等が挙げられます。単純にそれらのポケモンへの打点が不足気味で、特にメガゲンガーと耐性の良い駒で構成されたスタンには苦戦しました。

戦績:ダブルレート2005、INC June 2位(TN:Ange)

以上で構築紹介を終わります。ここまでご覧頂きありがとうございました。質問等ありましたらコメントかTwitterまでお願いします。

【雑記】圧縮

対策すべき相手の多い現環境で構築を組む際に、スペースを圧縮する技術はとても重要なことだと考えています。

例えばカポエラートリプルバトルにおいて一定の地位を築いているポケモンですが、その理由はやはり圧縮にあると言えるでしょう。威嚇や猫だまし、ワイドガード等の要素はしばしばトリプルバトルで重宝されますが、それらをそれぞれ別のポケモンに持たせようとするとどうしても窮屈になってしまいます。要素を取り入れようとすればするだけ構築の枠が埋まってしまう上に、それらを持ったポケモンの種類は限られているためです。しかしカポエラーは単体で多くの要素を持っているので、構築に入れればそれだけ他の部分にゆとりができます。欲しい要素をカポエラー1匹に圧縮することで他の自由度が増すのです。

圧縮によるメリットとはつまりそうして生まれる余裕にあります。それによって実行できる事柄がそのまま勝利に結び付くからです。

しかし圧縮によるデメリットも無視出来ません。デメリットとは、圧縮することによって本来の目的・役割が果たし辛くなる場合があるということです。

先程のカポエラーなら威嚇、猫だまし、ワイドガード等を1匹に任せきってしまっているので、カポエラーが倒されただけでそれら全てが使用出来なくなります。ましてカポエラーはそれほど高い耐久値を持ったポケモンでもないため、それらが必要になったときには既にカポエラーが瀕死といったことも大いに考えられるでしょう。

まとめると、本来の目的・役割を十全に遂行できる状態を保ちながら、圧縮出来る部分は最大限圧縮していくことが最善と言えるのではないでしょうか。その辺りの加減の上手さが強いプレイヤーの組む構築には見られるように思います。

ここまでご覧頂きありがとうございました。質問等ありましたらコメントかTwitterまでお願いします。

f:id:catalina_penguin:20141019100545p:plainこいつの代わりは果たして現れるんですかね?

 

【トリプル】トリルリザドラン

並びはこれ(【トリプル】リザクレセスイッチ - ペンギンめも)と同じ。 あまり使ってないですが使用感は以前のものより向上したため掲載。

f:id:catalina_penguin:20141019103903p:plainリザードン@リザードナイトY
火炎放射  ソーラービーム  めざめるパワー地面  守る
控えめ  メガ後185(252)-×-117(148)-204(56)-137(16)-125(36)  (VVVUUV個体)

f:id:catalina_penguin:20141018144252p:plainヒードラン@命の珠
熱風  火炎放射  大地の力  守る
冷静  198(252)-×-126-200(252)-127(4)-73  (S0個体)

f:id:catalina_penguin:20141018144119p:plainニンフィア@こだわり眼鏡
ハイパーボイス  ムーンフォース  シャドーボール  電光石火
冷静  201(244)-85-99(108)-165(156)-150- 58  (S0個体)

f:id:catalina_penguin:20141019102747p:plainクレセリア@メンタルハーブorラムの実
サイコキネシス  光の壁  神秘の守り  トリックルーム
呑気  227(252)-×-163(68)-110(116)-159(68)-81  (S0個体)

f:id:catalina_penguin:20141018144141p:plain霊獣ランドロス@突撃チョッキ
大地の力  岩石封じ  はたき落とす  とんぼ返り
無補正  195(244)-165-120(76)-134(68)-113(100)-114(20)

f:id:catalina_penguin:20141019103943p:plainハリテヤマ@ラムの実orカゴの実
インファイト  はたき落とす  猫だまし  フェイント
勇敢  219-177(164)-98(140)-×-106(204)-49  (S0個体)

前回のパーティーでガルーラスタン等に追い風をしても相手のガルーラランドロスに上をとられ、トリルをしてもギルガルドニンフィアを動かされるといった板挟みの状況に問題を感じたためトリルに寄せてみました。結果的にリザードンにめざ地を入れることができヒードラン関連が改善された点も評価出来ます。クレセリアの技構成は悩みましたがモロバレルや威張るによる阻害を嫌って神秘の守り、様々な負担を軽減できる光の壁が良いように思いました。メンハとラムは正直好みの問題です。僕はエルフーンが鬱陶しいのでメンハで使っていました。

最近は色々なポケモンを試していてそこそこ収穫はあったのですが、それでも結局リザYに帰ってきてしまいました。望みは薄いですが何か大きな進歩が欲しいです(^A゜)
 
以上、雑記事でした。